ベジッポさんのバイトに通いながら2年経ちましたスタッフのサンタロウです。

通販のページを更新したり、DMなどの紙ものを作ったり

いろいろお手伝いさせていただいている間、

ベジッポのオーナーであるユファさんの

家庭の味に触れることがたくさんあります。

 

昼ごはんの野菜スープや

休憩時間に淹れていただくハーブティーやお茶、

家族の方が作ったキムチ、ビビンパ、おでんなど、

ユファさんの母国や日本の家庭料理などです。

 

私は全く食通ではなく、

わりと何を食べても「美味しい」と感じる人間なので

あまり普段から食べものにこだわってるわけもなく

味わって食べるということもありませんでしたが

ちょっとこの何年で

私の「食」に対する意識や感覚は、だいぶ変わった気がします。

そしてこれまでより、幅広い「美味しい」の世界を感じるようになりました。

 

「パプリカってこんなに甘みがあったんだ。」

「トマトってこうゆう味がしたんだ」

「きのこってこんな香りで、こんな食感だったんだ」

足し算より、引き算のシンプルな味付けで、

素材の個性をじんわり感じるような・・

普段、私たちは市販の調味料に味付けを任せていることが多く、

便利だし、それはそれで美味しいのですが

それによって味や香り食感に鈍感になってるんだと気づかされます。

 

一言で美味しいと言っても

素材の個性に愛着を持つような、

そうゆう美味しさも、あるんだなと感じました。

 

 

 

そして、あたたかい家庭の味。

3月にオープンするベジッポ食堂でも、

「あたたかい、おうちのような食堂」というのが

コンセプトにありますが、

外食には外食の美味しさがありますが

家のごはんのほっとする感じや温かさというのは、

外では出せない、もはや魔法であるなと思います。

大人になればなるほど、

そのあたたかい家庭の味を感じたりすることが

少なくなるような気がしますが、

この家庭の味は、

どんな高級素材を使っても作れない、美味しさだと感じます。

 

 

また、食がもたらすコミュニケーションも、

美味しいを作る大切な要素です。

ごはんの時間は、

栄養を摂る、美味しいものを食べることだけが目的ではなく

それを通したコミュニケーションの時間。

これはユファさんの言っていた言葉ですが、

ユファさんは子供の頃から

それぞれがどんなに忙しくても食事の時間だけは、家族みんなが揃うようになっていたそうですが、

そうゆう食で生まれるコミュニケーションというものを

大事にされてきた環境があったんだと思います。

思えば、誰かと一緒に美味しいものを食べるときは、

かならず会話が生まれ

あたたかい関係性も生まれます。

そのあたたかさも

ベジッポさんの目指す「美味しさ」に関係しているんだと思います。

 

 

美味しいってなんだろう。

ここで何度も書いた、「美味しい」という言葉は、

どこでも耳にするありふれた言葉ですが

その判断基準ってほんとうにたくさんあります。

ユファさんを通して、

より注意深く、食というものを見てみると、

なんだか料理って、絵を描いたり、文章を書いたりするのと同じく

一つの表現だなということを感じます。

 

この1皿に、料理に、

作った人の人生や家族や、培ってきたものが出ている。

何を大切にしているのかを感じことができる。

それはとても貴重で、そしていろんな感性に出会う楽しい体験で、

私たちが、普段いろいろ食べて感じる「美味しい」の裏側には、

そうゆうものもきっとどこかに含まれている感じがします。

そしてそれが栄養となり、明日の身体を作っていくのって素敵なことです。

 

今年の2019年3月1日には、ベジッポさんの拠点となる「ベジッポ食堂」がオープンします。

食・アート・カルチャーの発信基地として

お客さまにとって「もうひとつのおうち」と感じていただける

あたらしいコミュニティースペースを目指した食堂です。

 

1.毎日食べて健康的な定食屋さん

ベジッポの特徴は、素材本来の美味しさを引き出した

奥深い優しい味付け。付け足ししすぎない、バランスを

考えた美味しい定食屋さん。

 

2.境界線のないアートギャラリー

食べる空間と一体化になったギャラリー。いつもと違う

アートな空間に心も体も癒されながらお食事。

 

3.セミナー教室などカルチャースペ−ス

日々の生活をちょっと豊かにしたり、新しい発見がある

カルチャースペース。

 

ユファさんがこれまでで学んできたこと

大切にしてきたことすべてが、この新しい食堂の

中身に込められてると思います。

今まで感じたこともないような新しい「美味しい」空間と時間が待っています。

本当に楽しみです。

これからのベジッポに、期待下さい!