4月22日・23日の2日間に渡って広島県福山市の卸町で開催された、

地元の市民主催のイベント

「第13回STOREHOUSEストアハウス」に参加しました!

なんと今回でベジッポは、3回目となるSTOREHOUSEの出店。

毎回声をかけていただいて嬉しいばかりです。

初日22日は、ちょっと肌寒く、

イベントへの来客人数はちょっと少なめかな?
との心配もありましたが
二日目には、いつも通りの賑わいでした。

回を増すごとに

お客様も出店者も新しい顔ぶれになり

これまで知っていただいてる方々、皆さんも

顔を見に買いに来てくれました。本当に嬉しいし有難いです。

今回、ベジッポは前回のSTOREHOUSEに引き続き

コラボで商品開発を行っている

生姜シロップを作るジンジャーダイヤモンドさんと

デザインプロデューサーのmakoさんと

一緒に出店!

その名も”World V・G 研究所”です。

(普段は姿を現さず、密かに、若返りや長寿を研究する

謎の秘密組織という設定です笑。

なのでロゴがドクロです。デザインはmakoさんです。)

昨年からの密かな念願だった
CitrusCrashGingerのドリンクをメインで販売しました。

CitrusCrash(シトラスクラッシュ)は

柑橘を実際にcrashすることと

柑橘のはじけるような爽やかさをイメージしています。

今回仕入の柑橘が限定された中
ジンジャーダイヤモンドの中尾さんと高橋さんが
試行錯誤で奇跡の原液を作ってくれました。
本当にありがとうございます。

今回も学びが沢山ありました。

「イベントはお久しぶりの方に挨拶する場所」
隣に出店されていた方からの言葉です。

これはズドーンときました。
当たり前のことだけど意識出来てなかった。
特に地域イベントではこれはすごく大切な事ですよね。

実店舗をまだ持ってないベジッポとしては

販売も大事ですが、応援してくださっている

みなさまに顔をお見せすることで

「頑張ってるな」と思っていだだくことが

大切だと学びました。

また、お客さまの反応を見れる場所でもあるので、
商品の見せ方は?どんな商品が?お客様は何に喜んでくれる?

きちんとブランディングできているのかの実験、検証にもなります。

また回を重ねるごとに新しい魅力的な方々との出会いがあり、

コラボ企画など自分以外の方と一緒に働くことで

効率的なことが良く見えるようになります。

今後も売ることが目的ではなく、

地域ならではのイベントの特性を

楽しみたいと思います。

 今回販売した

CitrusCrashGingerは

実は、内海町のとある方に
早生のミカンが沢山なるけど商品化できないか?と
相談うけたことに始まります。

内海町はじめ、瀬戸田など瀬戸内は
柑橘の宝庫

CitrusCrashは瀬戸内全般を潤す、すごい商品になると
確信しながら温めていたところ

この度、試作が出来たことで
味の着地点のイメージが出来ました。

ここを軸に、種別のCitrusCrashを
開発プロデュースしたいです。

・アップルジンジャー
・CitrusCrashGinger
まずはこの2点のコラボ開発にむけて
ジンジャーダイヤモンドさんと商品開発する予定です。

 

そしてさらに大きな目標にも近づいています。

メーカーとしてのベジッポを土台に

今月から始まったVegeppo Kitchen(料理教室)、

さらに、今構想中のベジッポ食堂。

 この3つの角度から

地域に根付いた食の提案を

食を通して人々を豊かにする活動を

していきたいと思います。

終わりに

ご協力頂いたジンジャーダイヤモンドの皆さま
makoさん
お越し頂いたお客さま
そしてストアハウスの関係者の皆さま
本当に2日間ありがとうございました。

今後ともベジッポをよろしくお願い致します。

2017.4.24